愛知県社会福祉士会では、愛知県民の皆様へのご案内や、連絡を随時掲載していきます。

お知らせ

総務部からのお知らせ

  • 【重要】2024年度定時社員総会の成立にご協力をお願いします(2024.6.6掲載)

    2024年3月31日時点で会員である皆さまには、6月22日に開催する定時社員総会について会報春号にてお知らせするとともに、FAX、はがきの出欠席票を同封しており、6/6締切でご返信くださるようお願いをしております。

    定時社員総会の成立に向けては、会員の過半数の出席(委任・書面表決を含む)が必要です。

    まだ、委任状をご提出いただいていない方は、6/6以降も受け付けておりますので、至急ご提出くださいますようお願いいたします。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 日本福祉大学リカレント教育事業部企画事業室より伴走型支援基礎講座のご案内があります(2024.5.22掲載)

    日本福祉大学リカレント教育事業部企画事業室より伴走型支援基礎講座のご案内です。

    【つながり続ける支援を学ぼう!】
     伴走型支援基礎講座 開講のご案内

    この度、日本福祉大学では、一般社団法人日本伴走型支援協会と連携・協力をしたオンデマンド講座として、「伴走型支援基礎講座」を開講しています。
    「伴走型支援基礎講座」を修了し、日本伴走型支援協会が主催するスクーリングを受講すると同協会が認定する「伴走型支援士」の認定資格が取得できます。詳細はチラシをご覧ください。皆様のご受講を心よりお待ちしております。

    1.講座概要
      伴走型支援は、深刻化する「社会的孤立」に対応するために“つながり続けること”を目的とした支援として誕生した、個人に対する支援であるとともに、人を孤立させない地域社会の創造を目指す活動です。
     厚生労働省も、地域共生社会の推進における対人援助の重要なアプローチと位置付けています。
     日本の対人援助の現場において培われてきた「伴走型支援」について、その求められてきた背景、この支援で大切にされる理念や哲学、実際の支援や関連する政策動向などについて多角的に学ぶことができる講座です。

    2.申込期間
     2024年4月1日(月)~

    3.講座数
     全15回 ※配信期間内に全15回を修了した方には修了証が発行されます。

    4.形式
     オンデマンド配信

    5.受講料
     22,000円(税込)

    6.視聴期間
     受講料のお支払いより5ヵ月間

    7.お問い合わせ先
     日本福祉大学FUKUSHI ACADEMY(リカレント教育事業部企画事業室) (平日10~17時)
     TEL:052-242-3069  FAX:052-242-3020  Email: recurrent@ml.n-fukushi.ac.jp

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 2024年度 愛知県社会福祉士会公開研修会のお知らせ(2024.5.21掲載)

    本年3月31日時点の本会正会員の皆さまには、すでに会報春号にご案内チラシを同封してお送りいたしましたが、来たる6月22日(土)に開催する本会定時社員総会終了後に、恒例となっております公開研修会を開催いたします。参加費は無料でどなたでもご参加いただけます。

    今回は、愛知教育大学の篠原拓也先生を講師としてお招きし、「人権と社会正義に基づくソーシャルワークって何?」と題して、ご講演をいただきます。

    詳細は添付のPDFをご参照いただき、所定の方法で事前登録をお願いします。

    ■開催日時:6月22日(土)14:45~16:15

    ■会  場:日本福祉大学中央福祉専門学校5階教室

    ■定  員:80名(先着順)

    新規合格者の方、新規入会者方も大歓迎です。研修終了後に講師を交えた懇親会も予定されています。奮ってご参加ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 愛知県医療ソーシャルワーカー協会から2024年度の研修案内が届きました(2024.5.15掲載)

    2024年度に開催される愛知県医療ソーシャルワーカー協会主催の研修案内が届きました。
    参考にして頂き、興味のある方は同協会に直接お問い合わせください。

    愛知県医療ソーシャルワーカー協会ホームページに飛びます

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 2024年度事業計画・予算に関するご意見・ご質問に対する回答を掲載しました(2024.3.18掲載)

    去る2月6日付で2024年度事業計画・予算についてご意見やご質問を募集したところ、
    予算に関して1件の質問が寄せられましたので、このことについて、添付のPDFの通り、ご回答申し上げます。
    ご質問をお寄せいただき、誠にありがとうございました。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

生涯研修センターからのお知らせ

  • 2024年度社会福祉士実習指導者講習会のご案内(2024.7.18掲載)

    2012年4月から実習指導者の要件として、実習指導者を養成するための講習会の受講が義務付けられています。2021年から社会福祉士の養成カリキュラムが新しくなり、社会福祉士会が実施する実習指導者講習会は、2022年度より新カリキュラムに対応した内容となっています。
    下記の日程で、2024年度社会福祉士実習指導者講習会を開催しますのでご案内します。本講習会は実習指導者の要件を満たす講習会として厚生労働省に届け出たものです。

    <日時>
    2024年11月23日(土)~11月24日(日)
    <開催方法>
    Zoomによるオンライン形式
    <定員>
    90名(最小開催人数40名)
    <受講対象者・資格>
    ・社会福祉士であること。
    ・パソコンでZoomミーティングに参加する環境を整えられること。(カメラ及びマイク利用必須です。高速で安定した通信環境が確保できること。講習会中、チャットを利用して資料配布等を行うため、スマートフォン・タブレットでの参加不可。)
    <受講費>(テキスト代は含みません)
    都道府県社会福祉士会会員:13,500円、その他の社会福祉士:19,500円
    ※入会手続き中の方は、受講申込み時点で、入会申込書が本会に届いている場合に限り会員扱いとします。
    <申込受付期間>
    7月29日(月)~9月17日(火)必着
    ※申込受付期間外のお申込は受け付けられませんのでご注意下さい。
    <申込方法>
    ①愛知県社会福祉士会ホームページの専用フォームよりお申込みください。
    ②受講資格(社会福祉士)を確認しますので都道府県社会福祉士会会員以外の方は必ず「社会福祉士登録証」のコピーを提出してください。
    ※googleアカウントをお持ちの方のみこのフォームを利用できます。お持ちでない方は、メールにて弊会宛に様式をご請求ください。

    お申込みはこちら
    お申込み専用フォーム

    詳しくはこちら→募集要項(PDF)

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 基礎研修Ⅱの受講者の皆さまにお知らせがあります(2024.6.14掲載)

    メール添付でもお送りしましたが、レポートの様式を添付します。ご利用下さい。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 2024年度 障がい者生活支援委員会研修会 「2024年度障害福祉サービス報酬改正」~報酬改正のポイントを知る~のお知らせがあります(2024.6.12掲載)

    2024年度の障害報酬改正では
    ①障害者が希望する地域生活を実現する地域づくり
    ②社会の変化等に伴う障害児・障害者のニーズへのきめ細かな対応
    ③持続可能で質の高い障害福祉サービス等の実現のための報酬等の見直し
     の3点が中心でありますが、具体的にはどのように前回報酬から変更をしていったのでしょうか。
    特に今回の報酬改定で、グループホームを運営していく上での「地域連携推進会議」、施設入所・通所系を運営していく上で行っていく「身体拘束委員会」のメンバー選定及び運営方法、全障害福祉サービスに共通する「虐待防止研修や虐待防止委員会」の行い方等それぞれの施設現場で働いている皆さんが法改正の解釈やQ&Aを参考にし、戸惑いながら試行錯誤していると耳にします。
     この度ご縁もあり厚生労働省の障害福祉・虐待防止専門官を研修の講師にお呼びすることができました。現在行っている業務の再確認や、疑問点を解消していくよい機会だと思います。是非この機会に周りの方をお誘いの上ご参加ください。

    日 時  2024年 9月28日 (土)  13:30~16:00 (受付 13:00~)
    場 所  日本福祉大学中央福祉専門学校 5階501・502教室

    第一部 講 演  13:35~15:05
    「2024年度障害福祉サービス報酬改正」~報酬改正のポイントを知る~
    講 師  厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課 地域生活・発達障害者支援室(併)こども家庭庁支援局障害児支援課
    虐待防止専門官 障害福祉専門官  松崎貴之氏
    第二部  質疑応答 15:20~15:50

    ◇定 員  50名 (※先着順)
    ◇対象者  社会福祉士 福祉関係者 その他関心のある方
    ◇受講料  都道府県社会福祉士会会員 3,300円 非会員 4,400円 学生 3,300円
    ◇締切日  2024年 9月 13日(金)17:00
          ※コンビニ/ATM払いは 9月12日(木)まで

    お申込みは専用フォーム(peatix)からお願いします
    お申込み専用フォーム

    詳しくは研修チラシをご確認ください

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 【会員限定】障がい者生活支援委員会「第1回オンラインサロン」のご案内があります(2024.6.5掲載)

    愛知県社会福祉士会 障がい者生活支援委員会では、障がい分野にかかわっている方をはじめ、障がい児・者の支援に興味のある会員の方とのつながる場として、オンラインサロンを開設します。2024年度は年に3回の開催を予定し、毎回ゲストスピーカーをお呼びし、会員の皆さんと交流していきたいと思います。
    今回のテーマ『リーガルソーシャルワークと障がい支援の関わり』
    第1回のゲストスピーカーはリーガルソーシャルワーク委員会の中野恭子委員長です。お気軽にご参加ください。

    <日時>
     2024年 7月20日(土)19:30~21:00(入室19:15~)
    <参加要件>
     愛知県社会福祉士会の会員であること
    <参加費>
     無料
    <申込締切>
     2024年 7月17日(水)まで

    詳細については、チラシをご覧ください。

    申込みはこちら ⇒ お申込み専用フォーム

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 2024年度 基礎研修Ⅰの受講申込受付を開始いたしました(2024.5.20)

    2024年度も全て、オンラインで実施します。
    研修形態は、①事前課題(事前学習)、②講義のeラーニング視聴 ③オンラインでの演習受講を交えた研修となります。
    「基礎研修Ⅰ」は、社会福祉士であればどなたでも受講できますが、所属する都道府県社会福祉士会での受講が原則です。なお、この研修は認定社会福祉士制度と連動しています。
    <開催日時>集合研修(Zoomを利用してオンラインで実施)
    2024年10月27日(日)
    2025年 1月26日(日)
    <申込み期間>
    会員:2024年5月20日(月)10時~7月22日(月)正午
    コンビニ/ATM決済でのお申込みは、申込み締切りの1日前までの受付けとなります。
    ※非会員については、7月22日(月)までに65名に達しなかった場合に、7月23日(火)10時~7月29日(月)正午まで受付けます。
    ※eラーニング受講証明書の提出方法は、受講決定通知と同時に受講者の皆さまへご案内予定です。

    詳しくは添付の募集要項を必ずご確認の上、専用申込サイトからお申込みください。

    お申込みはこちらから
    基礎研修Ⅰお申込み専用フォーム

    この研修に関するお問い合わせはこちら

愛知ぱあとなあセンターからのお知らせ

  • 2024年度成年後見人材育成研修 受講者の皆様へ課題の様式等に関するご案内があります(2024.7.8掲載)

    7月5日付で事務局より郵便でお送りいたしました、事前課題Ⅲの提出票と解答用紙の様式です。
    適宜ダウンロードしてご利用ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 第16回 愛知県弁護士会・愛知県社会福祉士会合同勉強会のご案内(2024.6.3掲載)

    愛知県弁護士会と愛知県社会福祉士会は、両会の会員の研鑽と連携を目的に合同で勉強会を年に2回開催しています。
    第16回を下記のように開催します。

    1 日 時 :2024年 7月 3日(水) 19:00~20:30まで
    2 場 所:オフィスパーク丸の内アレックスビル会議室
          名古屋市中区丸の内1丁目4番12号 アレックスビル1階
    3 開催方法 :ハイブリット開催(会場受講およびオンライン・Zoom受講)      
    4 内  容 :「成年後見実務について弁護士に聞いてみようパート2」 
          講師 中田 智之  弁護士 (なかた法律事務所)

    4月19日~5月20日までの期間でみなさまから頂いた質問・相談に弁護士の講師がお答えします。15件ほど、死後事務、相続等の質問が寄せられています。
    後見事務の法的課題等にご興味・ご関心のある方のご参加をお待ちしております。
    合同勉強会については、集合研修の参加が難しい方をはじめ、多くのぱあとなあ会員が参加できるようZoom受講ができます。

    5 参加料:ぱあとなあ名簿登録者  1,650円
       ぱあとなあ名簿登録者以外  3,300円
    ※申込状況により会場の参加人数は、事務局にて調整させていただき、オンラインでの参加をお願いする場合がありますのでご了承ください。

    6 申込締切:2024年 6月20日(木) 15 時

    7 参加費用支払方法など
    お申込はこちら➡ お申込み専用フォーム 

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 2024年度 成年後見人材育成研修(委託研修)受講者の皆様へ

    2024年度成年後見人材育成研修を受講される皆様に、事前課題でお使いいただく様式を掲載いたします。
    下記よりダウンロードし、ご利用ください。
    既に郵送でもご案内しておりますが、事前課題のスケジュールについてもPDFを添付しましたのでご確認ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 高齢者虐待対応現任者向け研修を開催します(2024.5.13掲載)

    令和5年3月に国のマニュアルが改正されました。今回の改正点を踏まえ、研修内容は、虐待相談・通報・届出を受け付けた後の対応から終結(事実確認、コアメンバー会議、支援計画、評価会議、個別ケース会議、養護者支援及び終結への見極め)までを各対応段階の帳票を活用し、対応力の向上を目指します。ぜひ、ご参加ください!

    ◆日程及び会場
    ・令和6年7月1日(月)9:30~16:30
    ・大府市役所 地下1階 001、002会議室 (JR大府駅徒歩10分、駐車場あり)

    ◆対 象  地域包括支援センター職員、市町村担当職員、介護支援専門員、権利擁護関係職員、 社会福祉協議会職員、その他高齢者虐待にかかわる方

    ◆講 師  本会高齢者・障害者虐待対応委員会委員

    ◆受講料  会員:5,500円、非会員:6,600円 

    ◆定 員  40名(先着順、定員になり次第締め切ります)

    研修内容の詳細、申込み方法等の詳細は添付のチラシPDFをご確認ください。チラシPDFからも申込フォームに飛べます。

    参加申込はこちらから お申込み専用フォーム

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 【重要】成年後見人材育成研修(委託研修)の受講申込受付繰上げ終了につきまして(2024.5.10掲載)

    成年後見人材育成研修につきましては、当初の定員22名を大幅に上回るお申込みをいただきましたので、
    当初の締切日(5月15日正午)を繰り上げ、5月10日(金)17時をもちまして締め切りとさせていただきました。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

生活支援相談ほっとセンターからのお知らせ

  • 生活困窮者等の支援担当者のための自殺対策研修(愛知県委託事業)のご案内があります(2024.1.29掲載)

    生活困窮状態にある方は、経済的な課題のみでなく人間関係や健康問題等、多面的な課題を抱え、解決策が見いだせず「生きづらさ」を抱えていることが多くあります。コロナ禍に対応する各種の経済的な支援策が終了した後、物価高も重なり、生活の立て直しに直面している生活困窮者の支援は、新たな局面を迎えています。
    生きづらさの高まりから、健康的な対応が出来ず自殺に傾きやすい方に対する対応を学ぶことを目的として、研修を実施します。
    ○日 時 2024年3月11日(月)10時00分~16時40分
    ○会 場  ウインクあいち
    ○受講対象者 自治体や支援団体等の職員、医療機関職員、社会福祉士、精神保健福祉士等
    ○内 容
    1.〔講義〕愛知県の自殺の現状と自殺対策
      愛知県保健医療局健康医務部医務課こころの健康推進室
    2.〔講義〕自殺対策の基本的な知識と対応 
      講師:立命館大学 総合心理学部 教授 川野健治 氏
    3.〔講義〕相談支援の基礎となる考え方と方法
      講師:日本福祉大学 社会福祉学部 添田正揮 氏 
    4.〔講義〕「2019年度改訂版生活困窮者支援に携わる方への自殺対策ハンドブック」解説
    5.〔演習〕生きづらさを抱える人々への対応
      担当: 愛知県社会福祉士会 生活支援相談ほっとセンター 自殺対策委員会委員長   高橋知己
    5.15:50~16:40 〔演習〕振り返り
      担当: 愛知県社会福祉士会 生活支援相談ほっとセンター 自殺対策委員会委員
    6.まとめ 閉会の挨拶
      講師:愛知県社会福祉士会 生活支援相談ほっとセンター事業部長 添田正揮  
    ○定 員 80人
    ○参加費  無 料
    お申込は専用フォーム(Googleフォーム)またはメールに必要事項をご記入の上、愛知県社会福祉士会事務局までお送りください。

    お申込みはこちら
    お申込み専用フォーム

    詳しくはチラシをご確認ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 2023年度ホームレス問題講演会/権利擁護セミナー のお知らせがあります(2023.11.22掲載)

    愛知県社会福祉士会はホームレス状態に追いやられた方々に対する偏見をなくし、人権を守り、理解を深めていただくために、広く県民の皆様を対象とした講演会を愛知県との共催により開催してまいりました。
    今年度は対面で開催いたします。

    講演:ホームレスの人々が抱える孤独・孤立の問題とその支援
    開催日時:2023年12月9日 (土) 午後2時 から 午後4時30分 まで
    講師:日本福祉大学社会福祉学部教授 山田 壮志郎 氏
    会場:日本福祉大学 東海キャンパス3階 S304教室
       名古屋鉄道 太田川駅 徒歩5分
    参加費:無料
    申込み:不要(当日受付)

    詳しくはチラシをご確認ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 厚生労働省より子ども・若者の自殺対策に関するお知らせがあります(2023.8.28掲載)

    小中高生の自殺者数は近年増加傾向が続き、2022年は過去最多となっています。

    自殺防止の啓発活動を、厚生労働省、こども家庭庁、文部科学省、内閣官房孤独・孤立対策担当室が連携して実施しています。 

    子ども・若者を対象とした電話やSNSによる相談窓口のご案内や、身近に困りごとや悩みがあり落ち込んでいる様子の方に声をかけるゲートキーパー向けの情報提供など、様々な取り組みが展開されています。

    詳しくはこちら
    ⇒ まもろうよ こころ | 厚生労働省(mhlw.go.jp)

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 生活困窮者等の支援担当者のための自殺対策研修~生きづらさを抱える人とともに歩む~のご案内(2023.2.15掲載)

    愛知県委託事業 令和4年度 生活困窮者等対策対応者研修事業

    生活困窮状態にある方は、経済的な課題のみでなく人間関係や健康問題等、多面的な課題を抱え、解決策が見いだせず「生きづらさ」を抱えていることが多くあります。
    コロナ禍に対応する各種の経済的な支援策が終了し、生活の立て直しに直面している生活困窮者の支援は、新たな局面を迎えています。生きづらさの高まりから健康的な対応が出来ず自殺に傾きやすい方に対する対応を学ぶことを目的として、研修を実施します。

    ○日 時 2023年3月22日(水)10:30~16:40(10:00~接続開始)
    ○受講対象者 
    自治体や支援団体等の職員、医療機関職員、社会福祉士、精神保健福祉士等
    ○内容
    1.〔講義〕愛知県の自殺の現状と自殺対策
      愛知県保健医療局健康医務部医務課こころの健康推進室
    2.〔講義〕自殺対策の基本的な知識と対応 
      講師::南山大学 法学部法律学科、社会倫理研究所 准教授 森山花鈴氏
    3.〔講義〕精神疾患と精神障害の基礎知識
      講師:鶴舞こころのクリニック 院長 渡邉貴博 氏
    4.「2019年度改訂版生活困窮者支援に携わる方への自殺対策ハンドブック」解説
      〔演習〕生きづらさを抱える人々への対応
      担当:愛知県社会福祉士会生活支援相談ほっとセンター 自殺対策委員会委員
    5.〔演習〕振り返り
    ○開催方法 オンライン(Zoom)
    ○定 員  80人
    ○参加費  無 料 

    詳しくは研修ご案内チラシをご確認ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 権利擁護セミナー「ホームレス、生活困窮者の方々への人権と尊厳を重視した支援」のご案内(2022.11.4掲載)

    愛知県社会福祉士会はホームレス状態に追いやられた方々に対する偏見をなくし、人権を守り、理解を深めていただくために、広く県民の皆様を対象とした講演会を愛知県との共催により開催してまいりました。今年度も開催いたします。
    今年は、愛知県一宮市の「NPO法人のわみサポートセンター」の代表を務められ、福祉の最前線において幅広い支援を行われている三輪憲功さんから、ホームレス生活者を含めた多様な生活に困窮される方々の状況や、必要とされる支援についてご講演いただきます。
    ホームレス問題・人権擁護に関心のある方は、是非ご参加ください。

    1 日  時
      2022年12月3日(土) 午後2時から午後4時30分まで(受付 午後1時30分~)
    2 開催方法
     オンライン講演(Zoom)
    3 主  催
      愛知県・一般社団法人愛知県社会福祉士会
    4 講  演
    (1) 講 師
      のわみ相談所 代表 三輪 憲功 (みわのりかつ)氏      
    (2) 演 題                   
      ホームレス、生活困窮者の方々への人権と尊厳を重視した支援
    5 申込方法
     専用フォームにてお申込みください。
     お申込み専用フォーム
    6 申込期限
     2022年11月24日(木)まで

    7 受講料
      無料
    ※但し、通信にかかる費用は参加者のご負担となります。

    詳しくはチラシをご参照ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

福祉・介護サービス情報調査センターからのお知らせ

  • 愛知県第三者評価調査者養成研修の受講希望者を募集します(2023.8.23掲載)

    この度、介護・福祉サービス情報調査センターでは、第三者評価調査者養成研修の受講希望者(推薦希望者)を募集します。

    《受講対象者》
    愛知県社会福祉士会の評価調査者になろうとする方で、推薦を希望し、次の(1)又は(2)の要件を満たし、かつ研修の全過程を受講可能な方
    ⑴ 組織運営管理業務を3年以上経験している方、又はこれと同等の能力を有していると認められる方
    ⑵ 福祉、医療、保健分野の有資格者等で当該業務を3年以上経験している方、又はこれと同等の能力を有していると認められる方
    《研修日程》
    ①令和5年9月初旬~下旬(仮)に動画配信(12~13時間)
    ②10月初旬~10月中旬(仮)指定される日に演習(7時間)愛知県社会福祉会館
    ③10月下旬~11月中旬(仮)指定される日に施設実習(4時間)
    ④11月25日(土)実習まとめ(7時間)愛知県社会福祉会館
    《受講料等》
    22,000円(受講初日の受付で支払い)
    《申込み方法》
    事務局で取りまとめて愛知県第三者評価推進センターに申込みします。ご希望の方は、メールまたはFAXで愛知県社会福祉士会事務局に件名を「第三者評価調査者養成研修受講希望」とし、会員番号・氏名・連絡先電話番号、該当受講要件(1)(2)をお知らせください。後程、正式な申込書をお送りします。
    *実務経験など受講要件があります。全ての日程、実習において、受講態度及び課題の評価があります(評価内容により、受講の修了が認められない場合がありますが、受講料の返還はできません。)
    《申込み締切り》
    2023年9月3日(日)までに全ての必要書類を提出できる方(必着)

    この研修に関するお問い合わせはこちら

タスクチームからのお知らせ

  • 多文化ソーシャルワーク研修会のご案内があります(2024.6.24掲載)

    愛知県は全国でも2番目に外国人が多く。日常的に外国人と接する機会も多く、福祉の現場でも働く仲間として、また利用者として身近な存在となってきています。2017年から愛知県国際交流協会と共催で愛知県社会福祉士会の会員をはじめ、福祉関係者等を対象に多文化ソーシャルワーク研修会を実施してきました。今年は対面による研修とし、外国にルーツを持つ人たちの災害支援をテーマに多文化ソーシャルワークに必要な知識と、支援の現状・課題を学ぶことを目的として下記の通り研修会を開催します。
    皆様のご参加をお待ちしています。

    日時:2024年 9月 7日(土)10:45~17:00(受付開始10:30~)
    会場:あいち国際プラザ(愛知県三の丸庁舎)2階 アイリスルーム
    プログラム
     講義:「被災地支援の現場から~外国人を取り残さないために~」
     講師:日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科講師 菊池 遼氏
     愛知県の防災体制の概要及び被災外国人支援の取組について
     報告者:愛知県県民生活部多文化共生推進室主査 林 大貴氏
     現場からの報告 
     「地域をつなぐ視点から~私たちができること~」
     社会福祉法人半田市社会福祉協議会事務局次長 前山 憲一氏
     グループ討議
     コーディネーター:社会福祉法人半田市社会福祉協議会
              事務局次長 前山 憲一氏
     受講料: 社会福祉士会会員 4,400円  一般 5,500円  学生 2,200円
     定員:50人(先着順)
     受講申込み:申込みフォームからお申込みください。
           ↓
     お申込み専用フォーム

    詳しくはチラシもご覧ください

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 多文化ソーシャルワーク勉強会のご案内があります(2024.1.24掲載)

    多文化ソーシャルワーク勉強会を開催します。

    日 時:2024年 2月17日(土)14:00~16:00 
    会 場:日本福祉大学中央福祉専門学校 202R
        (名古屋市中区千代田3-27-11 JR・地下鉄鶴舞駅から徒歩5分)

    テーマ:支援からの共生~人々のナラティブに寄り添う~
    講 師:一般社団法人 Moment代表理事 金順愛 氏

     
    受講料: 社会福祉士会会員 3,300円  非会員 3,850円  学生(就業していない方) 無料
    定員:40人(最少催行人数 8名)
    受講申込み:申込みフォームからお申込みください。
    申込締切:2024年 2月10日(土)17:00
    (※コンビニ/ATMでのお支払いの場合は、締切りは 2月9日(金)まで)
    申込方法:専用フォームから
      ⇒ お申込み専用フォーム

    詳しくはチラシもご覧ください

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 多文化ソーシャルワークチーム2023年度施設見学「ブラジル総領事館に行こう!」のご案内があります(2024.1.16掲載)

    総領事館って聞いたことがあるけれど、どんなことをしているの?
    外国人のケースを担当しているけれど、外国の手続きってどんなものがあるの?
    …そんなあなたにピッタリ。ブラジル総領事館の役割や業務について勉強しませんか?

    日時:2024年2月13日(火)14:00~16:00
    集合時間・場所:13:45までに(時間厳守)
              地下鉄丸の内駅7番出口付近(地下に集合、集合後移動)
    申込締切:2月2日(金)17:00
    定員:20名(先着順・定員になり次第締め切ります)

    申込方法:Googleフォームからの申込みとなります。
    お申込み専用フォーム

    詳しくはチラシをご覧ください。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 多文化ソーシャルワーク研修会のご案内(2023.7.26掲載)

    愛知県は全国でも2番目に外国人が多く。日常的に外国人と接する機会も多く、福祉の現場でも働く仲間として、また利用者として身近な存在となってきています。2017年から愛知県国際交流協会と共催で愛知県社会福祉士会の会員をはじめ、福祉関係者等を対象に多文化ソーシャルワーク研修会を実施してきました。途中コロナ禍で中止せざるを得なかった期間がありましたが、今年は対面による研修とし、外国にルーツを持つ人達の特に障害や高齢等に関する支援をテーマに多文化ソーシャルワークに必要な知識と、支援の現状・課題を学ぶことを目的とし下記の通り研修会を開催します。
    皆様のご参加をお待ちしています。

    日時: 2023年9月30日(土)10:45~17:15(受付開始10:30~)
    会場: あいち国際プラザ(愛知県三の丸庁舎)2階 アイリスルーム
    プログラム
     講義:「外国にルーツを持つ障害・高齢者への支援〜多様性を受け入れる援助や地域づくりを考える〜」
         講師:名古屋外国語大学非常勤講師 神田すみれ氏
     講義:「在留資格の基礎知識」
         講師:みつお行政書士事務所 行政書士 山田光男氏
     現場からの報告①障害児の支援
         愛知県医療療育総合センター中央病院子どものこころ科医長 小野真樹氏 
     現場からの報告②高齢者の支援
         ケアプランモーメント代表理事・介護支援専門員 金順愛氏
     グループ討議
     まとめの講義
         講師:名古屋外国語大学非常勤講師 神田すみれ氏
     
    受講料: 社会福祉士会会員 4,400円  一般 5,500円  学生 2,200円
    定員: 50人(先着順)
    受講申込み:申込みフォームからお申込みください。
           ↓
      お申込みフォーム

    詳しくはチラシもご覧ください

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 多文化ソーシャルワーク分野別交流会のご案内(2023.6.2掲載)

    多文化ソーシャルワーク分野別交流会のご案内

    テーマ:外国にルーツを持つ障害児・者や高齢者の支援

    外国にルーツを持つ障害児・者や高齢者はそれぞれの国の文化や価値観をもち、暮らしています。参加者同士、お互いの経験も踏まえて私たちが関わるとき何に
    戸惑うのか、どんな視点が大切なのか、気軽に語り合いましょう!

    日 時:2023年 7月29日(土)14:00~16:00 
    会 場:日本福祉大学中央福祉専門学校 202R
        (名古屋市中区千代田3-27-11 JR・地下鉄鶴舞駅から徒歩5分)

    話題提供:豊明市障がい者基幹相談支援センター 相談支援専門員 伊藤幸英氏

    受講料: 社会福祉士会会員 1,210円  非会員 1,650円  学生(就業していない方) 無料
    定員:40人(最小催行人数 5名)
    受講申込み:申込みフォームからお申込みください。
           ↓
      お申込みはこちら

    詳しくはチラシもご覧ください

    この研修に関するお問い合わせはこちら

支部活動からのお知らせ

  • 三河支部主催交流会開催のお知らせ(2024.4.1)

    来たる4月21日(日)コロナ渦により活動が停滞しておりました支部活動の再活性化と会員同士の交流の場づくりを目的として、三河支部が中心となり、豊橋にて交流会を行ないます。すでに一部の会員には、個別にメールにてご案内が届いているかと思いますが、改めて会員の皆さまにご案内致しますので、奮ってご参加ください。
    参加費は無料です。内容、参加申込等についての詳細は、添付のPDFをご覧ください。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 尾張支部主催による会員交流会のお知らせがあります(2023.10.17)

    愛知県社会福祉士会会員の皆様
    この度は支部活動の再活性化と会員同士の交流の場づくりを目的として、尾張支部が中心となり会員交流会を企画しましたのでご案内いたします。

    【内容】(尾張支部主催)会員交流会
    第1部「キラッと輝ける」接遇・マナーのポイント
    第2部「会員さんいらっしゃ〜い」

    第1部では、講師に尾張支部会員の杉浦みさえさんにご登壇いただき、相談援助職・社会福祉士としてスマートに輝ける接遇・マナーのポイントについてご講義いただきます。杉浦さんは主任介護支援専門員としてご活躍の傍らマナーインストラクターとしてご研鑽されており、わかりやすく解説いただけます。
    第2部は、会員同士の横のつながりの形成を狙いとしてZoom座談会を企画しています。会員同士顔を合わせて交流することが少なくなっていると思います。是非この機会にご参加ください。

    【日時】
    2023年11月4日(土)午前10時から11時30分

    【場所】
    Zoomミーティング

    【対象】
    尾張支部所属会員に限らず、愛知県社会福祉士会の会員であればどなたでもご参加いただけます!!

    【申込方法】
    下記Googleフォームよりお申込みください
    お申込み専用フォーム

    ▼チラシ(PDF)※こちらからも参加登録が可能です。開くのに若干時間がかかる場合があります。

    本件に関する問合せは下記のメールアドレスにご送信ください
    一般社団法人愛知県社会福祉士会 尾張・名古屋支部理事 今枝 敬典
    t_imaeda@icloud.com

    この研修に関するお問い合わせはこちら