愛知県社会福祉士会では、愛知県民の皆様へのご案内や、連絡を随時掲載していきます。

お知らせ

タスクチームからのお知らせ

  • 2021年度多文化ソーシャルワーク勉強会「外国人の権利を守るために社会福祉士に期待すること―入管法改正と在留管理の今後―」のご案内(2021.12.28掲載)

    愛知県は全国でも2番目に外国人の多い県です。外国人留学生も多く、日常的に外国人と接する機会が多くなっています。そんな中、このたびの名古屋出入国在留管理局でウィシュマさん死亡事件が起こったことは皆さんご存じのことと思います。そこで外国にルーツを持つ人々の置かれている現状を理解し、どのような支援・取り組みが必要になってくるのかを学ぶ機会として勉強会を開催します。是非ご参加ください。

    <日時>
    2022年1月30日(日)14:00~16:00
    Zoomによるオンライン研修(Zoom入室13:30~)
    <講師>
    弁護士 宮崎 真 氏(愛知県弁護士会)
    <受講対象者>
    受講対象者:社会福祉士、福祉関係者、外国人相談担当者等
    <定員>
    50名
    <参加費>
    都道府県社会福祉士会会員 2,200円  非会員 2,750円
    <受講申込> 
    申込専用フォーム(Peatix)からお手続きください。
    申込から受講料支払いまでPeatixで完了します。      
    <申込締切>
    2022年1月14日(金)13時まで
    ※コンビニ・ATMでのお支払いは1月13日(木)です。

    お申込み専用フォーム

    詳細、お申込については、以下要項をご覧ください。
    募集要項PDF

    この研修に関するお問い合わせはこちら

  • 2021年度 障がい者生活支援チーム研修会(オンライン講座) 8050支援とソーシャルワークの視点 ~相談支援専門員、介護支援専門員、行政との連携と横断的支援~のご案内があります(2021.9.28掲載)

      8050問題が身近になっていますが、家族を支えるために必要なチームの連携を作るために、ソーシャルワーカーとしてどのような視点が求められているのでしょうか。相談支援専門員と介護支援専門員が制度の違いを理解し、家族全体を支援していくための視点をとらえ、各相談領域での役割を知り、連携をしていくために必要な支援を考えていきたいと思います。

    日 時  2021年11月7日(日)  13:30~17:00 (受付は 13:00~)
    第一部  基調講演  13:30~14:30
     「8050支援の課題とソーシャルワーカーの役割」 ~家族支援をしていくために必要な視点~
    講 師  日本福祉大学中央福祉専門学校長 長岩 嘉文氏
    第二部  実践報告  14:45~15:45
      「8050支援について各相談領域の役割と連携」
    ① 行政  名古屋市緑区役所高齢福祉課 佐藤由紀氏
                 障害福祉課 坂井友紀氏
    ② 障害  さつき福祉会 ひまわり相談支援センター 相談支援専門員 神谷洋平氏
    ③ 高齢  阿久比町介護相談ほたる 主任介護支援専門員 竹内伸全氏
    第三部 パネルディスカッション    15:50~17:00
    「8050支援について、障がい相談領域、行政高齢者相談領域との連携を密にしていくには」
    パネラー  佐藤由紀氏  坂井友紀氏  神谷洋平氏  竹内伸全氏
    コーディネーター  長岩嘉文氏
    ◇定 員 90名
    ◇対象者  社会福祉士  その他8050支援に関心のある方
    ◇参加費  社会福祉士会会員  3,300円   非会員  4,400円

    お申込みは専用フォーム(peatix)からお願いします。
    お申込みはこちら

    詳しくは研修要項をご確認ください

    この研修に関するお問い合わせはこちら