愛知県民のみなさまへ 愛知県民のみなさまへ
矢印 愛知県民のみなさまへ
矢印 お知らせ・ご案内
矢印 福祉サービス情報調査センター
矢印 ぱあとなあセンター
矢印 生活支援相談ほっとセンター
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
矢印 研修会、講演会、催事のご案内
会員の皆様へ
矢印 委員会からのお知らせ
矢印 支部(ブロック)活動のお知らせ
矢印 求人情報
社会福祉会の入会案内について
矢印 正会員入会案内
矢印 入会手続き
社会福祉を目指す皆様へ
矢印 社会福祉士を目指すみなさまへ
矢印 社会福祉士になるみちすじ
愛知県社会福祉士会の概要
矢印 愛知県社会福祉士会の概要
矢印 活動の概要
矢印 倫理網領
事務局だより
矢印 事務連絡
矢印 事務手続き(各書式)
矢印 会長の小部屋
矢印 事務局アクセス
リンク集
愛知ぱあとなあセンター愛知ぱあとなあセンター
ボックス矢印
1.成年後見・権利擁護事業
 社会福祉援助を必要とする人々(高齢者・障害者・児童等)の生活と権利を擁護するため、福祉サービス利用援助事業、成年後見制度等の啓発や利用促進に関する次の事業を行います。

 ・ 県民に向けた啓発・相談活動をおこなうこと
 ・ 権利擁護システムづくりに向けた他団体との協働を推進すること
 ・ 権利擁護に関する制度利用促進に向けた緒活動を展開すること
 ・
 
成年後見人として活動する、もしくは活動しようとする会員のスキルアップをはかること
 ・ その他、社会福祉分野における県民の権利擁護に関する活動を推進すること

ボックス矢印
2.相談援助事業

 社会福祉士の本旨である「福祉に関する相談援助」活動を職能団体の公益活動として位置付け、これを推進し、相談や援助を必要とする県民の課題解決の支援を行います。

ボックス矢印
3.愛知県弁護士会

 高齢者・障害者総合支援センター「アイズ」との連携・協働
愛知県弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター「アイズ」と愛知県社会福祉士会 愛知ぱあとなあセンターとは高齢者・障害者等の権利擁護に関わる専門職として、お互いにそれぞれ自分たちの専門領域だけでは利用者の生活全体を支援していくことは困難になっている状況を踏まえ、お互いの専門性を生かしながら連携・協力関係を進めていくことを確認しました。そして、お互いに顔の見える関係を作りながら、具体的な課題を検討し、市民に対する啓発活動にも取り組んできました。
以下がこれまでの連携・協働のあゆみです。

○定例会の開催
2001年3月より1〜2ヶ月に1回、両会の委員による定例会を開催し、協議を継続。
○合同勉強会の開催
・「成年後見事例検討」 
・「支援費制度の課題」 
・「成年後見に関する勉強会」
○相互の連携・協働にむけ、協定書の締結
・「協定書」の締結 2001年8月1日
・共通FAX様式「相談・協力依頼シート」による、相互相談協力体制の構築
○研修会・シンポジウムの共催
・暮らしを支える相談会&シンポジウム
 支援費制度に関するシンポジウム「地域で豊かに暮らす権利を確立するために」
・「市町村担当者のための成年後見制度に関する講座」Part・、・、・
○研修会等への協力
○行政への働きかけ